スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

There ain't easy way out

tom2

地面がバランスを取ろうとしているのだろう、先日富士も揺れた。前記事のトップ画像に富士山使ったのは予感があったからなんだけど。地震なれした県民とはいえ、現在の実家は沼地にあるため実際大きいの来ると心配なものだ。

連日報道されている地方のあまりの惨状に、家人ではないが無力感に挫けそうなので、奮い立たねばと。生き残ったのに弱ってたら、支援もできない。

大人だからTom petty & The heartbreakersあたりで。

先日、持っていないCDを注文してあったのだけど(タイミング悪くてホント申し訳ない)、この震災の影響で届かないという事で、動画を観てたらEddie Vedderとの「THE WAITING」の競演があって。

”Oh baby don't it feel like heaven right now ”と始まるこの歌。
時代を超えて親しまれている名曲だけに普遍のテーマが歌われていてズバリ的中。スペインに行く前の記事で、現地でスタッフに「待たれている」のがウンザリで引用したりしていたが、そんな時に使うモンじゃない(当たり前だ)。

前記事で書いたが、ずっと"What can I do for the victims now?"を考えている。

The waiting is the hardest part
Every day you get on more yard
You take it on faith,you take it to the heart
The waiting is the hardest part

本当に頑張って欲しい。


とりあえずベタに、「I won't back down」で奮い立とうと(小僧か)。

そしたらさ、観た動画でTomがギブソンのJ-200を弾いていたゼ。しかも俺のと同じナチュラルの。
キヨシローがアメリカで買ったヤツも、アンディ・マッコイのジャケのもみんなサンバーストだったんで、買ってからアッチにすりゃ良かったかなと思っていたけど、イイじゃん。ナチュラル。イイぞ、Tom。

Well I won't back down, no I won't back down
You can stand me up at the gates of hell
But I won't back down

911の時にトリビュート番組でも歌われていたこの曲。
初ソロ収録時にはジェフ・リンの(あの)アレンジがイヤでかかると聞き流していたけど、ライヴはとてもいい。安直な程、特に何にもしてない曲なんだケドね。
Eddie Vedderもカヴァーしているようで、非常に頼もしい。

他所様を励ますとか応援ソングとか大それた(狂った)事も言わないし、口数も少ないのに実に饒舌。ロックとはそういうモノだ。自身が現実と向き合う決意表明を歌い、それがそのままキッズへの応援歌にもなっているというのが正しい。痛みを知っている人の歌は全部ロックになる。と、思う(しかし、キッズって今言わないな…)。

しばらくこれをリピートし続ける。

Hey baby, there ain't easy way out
Hey I will stand my ground
And I won't back down

◎磁
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント
カテゴリ
live earth
最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

◎磁

Author:◎磁
J.I.V.A.主宰。 
「不惑」を迎えるも、これまで総合演芸の名の下にあらゆる見世物に手を出し口を出し、何屋だかいよいよ分からなくなってきた「惑いっぱなし」のチンピラ中年。


icon3

旧HP「電磁場」とのリンク期間終了しました。
これまでの活動報告やイベントレポートなどはリニューアルしてこちらでボチボチと引き継いでいます。これからの活動や仕事の話、主宰者の私事などもガチャガチャと書き散らしつつ。



今後ともよろしくお願いいたします。

click here↓


shots-poster2

followicon

oni-pos


Firefox ブラウザ無料ダウンロード

フリー素材 -SpiderWorks-

Google検索バー
now Loading...
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。