スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

A Rolling "Hong Kong" Gather No Moss

hongkong4

タイトルは、大宅壮一ノンフィクション賞受賞の、やや冗漫ながらも入魂の力作(何様)、星野博美氏のマグナム・オーパス「転がる香港に苔は生えない」からのイタダキ。

初めて訪れてから24年、再訪からもすでに8年にならんとしているが、香港の話。いや実は俺、本当に好きでさ、香港。
なぜだろう、オールタイム海外ベスト1。そう言う程いったいどれだけ海外知ってんだってのはヌキで。

最初に行ったのは専門学校の研修旅行。
お決まりの「飲茶」「ビクトリア・ピーク」「萬金膏ガーデン」「アバディーン」みたいなコースだったと思うけど、まだあった九龍城砦がとにかくスゴくて。もうそれしか覚えてない位。

夢で見た街。懐かしいような。

とにかくインプレは、なんか「懐かしい」ってのが一番ピンと来るんだけど、別に生まれは富士だしなあ。肌が合うとかってヤツ?

あ、そういえば自慢だけど、例の今は亡き啓徳国際空港の、世に言う「香港カーブ」も体験したぜ。
ちなみに夜着で雨模様(そして右側の窓席!)だったため、100万ドルに頭から突っ込む気分を味わったよ。「キル・ビル (クェンティン・タラ監督 2003)」並みの低空で見た夜景、今でもハッキリ(多少の脚色付きで)思い出せるよ。

hongkong3


で、再訪したのは2003年「香港IFVA(The Hong Kong Independent Short Film & Video Awards)」の授賞式に呼ばれた時。空港はキレイでバカデカく(しかも遠い!)変わっていたし、世界一長いエスカレーターは出来てたし、見た事もない高層ビルもあったけど、やはり香港は香港。着いた途端に「懐かしいモード」INだった。
きっとホンコンフリークや文化人類学の先生方なら「なぜあんな小汚くていい加減な香港で異邦人がこんなにも和むのか」ってのは分析されてると思うが、俺は知らんのでウマく言えん。とにかく「ああ、俺、昔からココ知ってる」って感覚(ボキャ貧)。

hongkong2


この時は自主映画の主演女優と一緒に行ったのだが、やはり彼女もいきなり「肌があった」らしく、どういう秘密があるのか。あの小汚くてズサンで、上から重ねて張り付けた街に。

所詮、俺達が「小汚くてズサンなのを上から重ねて張り付けたような人間」って事かもな。

基本東南アジアはメシが大丈夫なんでその辺かな、とも思うが。
中国人で、長いイギリス統治。どっこも我々が懐かしがる要素なさそげだけど。

この時はワンチャイにあるアート・スクールのスタッフが面倒見てくれたんだけど、もの凄く皆やさしく、真面目で(マジで泣けたくらい)非常に良くしてくれたから、その印象でホンコン誉めてるのかなとも疑ってみたが。

その後仕事で出会った人に偶然香港経験のある人なんかが居るとすぐ「香港!サイコーでしょ?」とか振ってみるのだが、イマイチな反応する御仁とかも多く、アレ?と。
個人的なものかもしれんな。

hongkong1


ようやく本題だけど、こないだのスペイン、Tolosaの時に会ったサイモン。
チャイナUNIMAのスタッフで2012年の成都世界大会をまとめるヤツなんだけど。
向う(スペインな)で話す機会があったから、俺が画策(妄想)してる「アジア協栄イベント(詳細秘密)」について喋ってきたんだよね。
そしたら結構ヤツも(実際困ってたんだろうな、運営)マジに聞いて乗ってきてくれて、イイ感じで別れてきたワケ。

そしたらこないだコンタクトがあってさ。「どうなってますか」的な。
こっちは大風呂敷を広げた手前逃げらんなくなって、ちょっとマジに動き出そうと。それで香港思い出したってワケ。
チャイナUNIMA、本部は大陸らしいが実質仕切ってるサイモンは香港在住。
「おっと、また香港が呼んでるんじゃない?」と、超勝手な妄想で、こんな気味の悪いテンションの記事書いてんの。こないだ「外人と仕事するのは要注意」的なこと書いてたクセに、舌の根なんかまだジュクジュクにWETだってのに。
それ程までに香港が俺を狂わせるって事で。
開始宣言だよ。

◎磁

P.S.
数ヶ月後に夢破れて寒い記事書いていても許してね。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント
カテゴリ
live earth
最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

◎磁

Author:◎磁
J.I.V.A.主宰。 
「不惑」を迎えるも、これまで総合演芸の名の下にあらゆる見世物に手を出し口を出し、何屋だかいよいよ分からなくなってきた「惑いっぱなし」のチンピラ中年。


icon3

旧HP「電磁場」とのリンク期間終了しました。
これまでの活動報告やイベントレポートなどはリニューアルしてこちらでボチボチと引き継いでいます。これからの活動や仕事の話、主宰者の私事などもガチャガチャと書き散らしつつ。



今後ともよろしくお願いいたします。

click here↓


shots-poster2

followicon

oni-pos


Firefox ブラウザ無料ダウンロード

フリー素材 -SpiderWorks-

Google検索バー
now Loading...
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。