スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

EYE OF THE……

tiger

今話題のこの人。

お手伝いをさせていただいてる某番組で使用のため買って来たものを引ったくって被ってみた。
その辺で売ってるインチキなヤツ。生地もチョロく、額のマークもちょっと変えてあるヤツ。

充分嬉しかったわけだが。
デタラメなシャッターチャンスの画像を撮られたとはいえ(目は?)。

金本並に似合ってない…

細かい事言えば、最近方々で施して歩いてるみなさんのモデルはコイツじゃない。
俺の年だと、元ネタの方はコミックと専ら夕方のアニメ再放送。だって日プロ時代だもんアレ、舞台が。
だからコッチの方がズバリ世代といえるか。

最近、この人が全盛期の頃を含めて「昭和プロレス」なる言い方でくくられているようだ。
BI砲中心の時代の事か。
実際の昭和の終わりまでを呼ぶのか、境界グラデーションでおおざっぱにくくっているのか。
ニールセン戦はどっち?

俺暦ではユニバーサルが潰れた年に上京して新生活を始めたので、そこが昭和の区切りな感じなんだけど、実際はもう2、3年続いたか。あ、まさに梶原が死んだのが「昭プロ」終わりの始まりじゃないか。暮れの暴動(TPG)とか顔面襲撃事件とか同時期だった気が…。「ギブUPまで待てない!」……
まさに何か終わってる。時代とはそういうものなのか。

じゃ馳から平成ってことで。

あの人がコレを「布切れ」呼ばわりして三軒茶屋に行く前までの試合で印象に残ってるのはビジャノ3号とのシングル(デビュー戦は除外)だな。

▼描いてみた(アホ)。

Villano3


あのフィニッシュの、結局誰も名付けなかった呼び名のない1回きりの四次元殺法。古館アナはなんて実況してたっけ。1回だけ日本でやったレイスvsマスカラスの世界戦のクライマックスで倉持アナが絶叫した「空中、プランチャー!」でも、下手で聴いてらんなかった保坂アナの「トッペです、トッペ!」でもない事は確か。
思えば、最後振り向き様に飛んでくとこよりもその直前の「位置合わせ」の蹴りを必要以上にエグく首筋辺りに入れていて、むしろそっちにこの人の本質を見るわけだが。

正式な名前は無いのだろう。
ラ・ケブラーダ解禁以前の不思議技。

その後、スイシーダ系では「スペース・フライング.タイガー・ドロップ」とかいう、ロンダードからバック宙ひねりで場外に飛ぶという、子供心にもほとんどムダな動きでは?思える必殺技に移行して行き「佐山、おつかれさん!」度が上がっていくわけだ。

昭和タイガーの不幸は相手にも恵まれなかった事。
「未だ見ぬ」ばかりがウリで見ちゃうとガッカリなルチャ勢(ロス・ブラソスの太った方とかウルトラマン、ソラール)、ブラック・タイガーは二人とも良い仕事をしたが(強えし)猪木に対してのアレン的なポジションだったし、手の合ったキッドもだんだん必要以上に危なくなって観てられなくなっていったし。後期の寺西だ小林だってのも固くてどうなのってカンジで、冷静に思い返しても誰かいたっけ好敵手…本人曰く「ゴッチより強い(笑)」らしいのに、ちょっとかわいそうだ。


ああ、「話題のタイガー氏」と振っておいてこんな話に終始するというこのダメ昭和野郎。
図らずも「伊達直人現象」には少し距離を取って見ているということが露呈した。

なんか、酔ってんのがさあ(言うな!)…

◎磁
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント
カテゴリ
live earth
最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

◎磁

Author:◎磁
J.I.V.A.主宰。 
「不惑」を迎えるも、これまで総合演芸の名の下にあらゆる見世物に手を出し口を出し、何屋だかいよいよ分からなくなってきた「惑いっぱなし」のチンピラ中年。


icon3

旧HP「電磁場」とのリンク期間終了しました。
これまでの活動報告やイベントレポートなどはリニューアルしてこちらでボチボチと引き継いでいます。これからの活動や仕事の話、主宰者の私事などもガチャガチャと書き散らしつつ。



今後ともよろしくお願いいたします。

click here↓


shots-poster2

followicon

oni-pos


Firefox ブラウザ無料ダウンロード

フリー素材 -SpiderWorks-

Google検索バー
now Loading...
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。