スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バスク狂想曲第5楽章 ~Sonatina~

news

同ネタ続けるが、すいません。早くまとめてしまいたいもんで。

オープニング翌日の新聞記事、文化面の画像をトップに。某劇団の方がサテンかどっかで見つけて撮ってくれたもの。
イエ~。我が富姫、タイトルバックゲット~。現地で急に発注した黒バックも非常にシマッててナイスです。
自分自身は忙しくてこの新聞を買い忘れたのだけど、日本の制作チームもノーチェックで、結局手に入れられず。そういうとこマジあり得ない。
てかフォーカス…

まあ、以前書いたがこの姫、鬼っ子で、図々しいの承知で例えると北野映画みたいなモン(勢いで書いたがホントに図々しい…)。外国人には異常に評価が高いが国内ではほぼ無視。…いや、ひとみ座含む他劇団の方々はとても誉めてくれてたんで、なにかよく分からない理由で身内に冷遇されているだけだ。なぜか国内上演、封印だしな。
今回もスペイン国際人形劇センターのトップ、イドヤ女史が非常に気に入ってくれたようだ。
おかげで竹田人形座の凄いのやお歴々の写真に混じって記念カレンダーにも採用されて溜飲は下げたが、それがクロージングパーティで配られた時の劇団Pの連中の複雑そうな反応。見えてるものは見えてるまま評価しないと、歪むよ。

さあ、本題。

jyoruri


三個目の部屋は「三人遣い」の部屋。
いわゆる浄瑠璃人形。
古柳座さん所蔵のものと、札幌のあしり座さんからお借りした「梅川」など。隙間埋めに(コラ)床本や見台、三味線なども飾ってそれなりの体裁に。
地味だったが、外人は大喜び。

koryu


四部屋目「一人遣い」の部屋(無理のあるククリだな)。
乙女文楽、車人形、庄内出羽デコ。
照明をやってくれたアンヘルが色々考えて色付きのライトを多用してたのだが(機材自体も美術館なのでそんなに贅沢出来なかったけど)、あまりに品がないので開館2日前位にダメ出してなんとかまとめた。
着付けなどは八王子の古柳先生にお願いした。三部屋目とココ、次の竹田の部屋のお陰で格調高い展示になったと思うよ。
おかげで毎日ビクビクだったけど。ガブに触りたがる外人やガキ共の集団が連日大挙して押し掛けるからさ。

takedaall


で、お次が問題の(って言うな)竹田人形座の素晴らしい糸操り人形群。
今回の展示、ツアー通して一番株上げたのは(オイシかったのは)竹田じゃないか。
事前に指定されていた釣枠が用意出来ずヒヤヒヤだったが、とにかく説得力のある体数が揃っている事と例のプリンス唐木クンの大活躍でここの部屋が前半のハイライトとなったのは確か。
だからもう少し画像載せておく(主催サイド特権)。勝手に俺の用なトウシローが撮ったヘボ写真を貼るが、もしバレても怒らないでほしい。

take3


take1


疲れんのは早い。
ここからこっちのフィールド、現代人形劇のエリアに入っていく。

つづく(か?)。

◎磁
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント
カテゴリ
live earth
最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

◎磁

Author:◎磁
J.I.V.A.主宰。 
「不惑」を迎えるも、これまで総合演芸の名の下にあらゆる見世物に手を出し口を出し、何屋だかいよいよ分からなくなってきた「惑いっぱなし」のチンピラ中年。


icon3

旧HP「電磁場」とのリンク期間終了しました。
これまでの活動報告やイベントレポートなどはリニューアルしてこちらでボチボチと引き継いでいます。これからの活動や仕事の話、主宰者の私事などもガチャガチャと書き散らしつつ。



今後ともよろしくお願いいたします。

click here↓


shots-poster2

followicon

oni-pos


Firefox ブラウザ無料ダウンロード

フリー素材 -SpiderWorks-

Google検索バー
now Loading...
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。