スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

憑く事件2〜Based on a true story〜

fasong

三十路の家人がつまらない東京脱出して『ソウル崇実大学校』に留学してしまったので、今年は何かと(忘れ物を届ける等)用事でソウルに行くことになろうか(憂鬱)。

それにしてもこの偏屈&神経質なオッサンである。グルメは軽蔑の対象、B級グルメはより嫌悪、明洞・仁寺洞的シャレオツエリアにも無用、ましてトンペンでも無いとなると(スヨンペンには入れて欲しいが)、あんな狭いソウルにしょっちゅう行ったトコですぐにやる事なくなるのも明白。

ソコで、困った時の“マニアック観光ツアー”にシフトして行こうと。
初韓国旅行でいきなり烏頭山統一展望台行って朝鮮を眺めたり(道に迷ったり)、今年はロンドンくんだりまで行っておきながら“Seven sisters”辺りで崖攻めたり、ヒトのしないエリアばっか攻めるなら、まだまだ狭いソウルも楽しめそうなトコいっぱいだね。チョット足を伸ばせば更に色々おもしろスポットもありそうだし。

で、華城市だ。

でんでん「熱帯魚」や、もはや“ものまね王座決定戦”の「チェンジリング」「ゾディアック」と並ぶ“Based on a true story映画”の大金字塔、大傑作「殺人の追憶〜サリネチュオク〜」の元ネタ、“華城連続殺人事件”を調べ始めた。

…ひでえなコリャ。映画どころじゃない。
俺が密かに“群馬栃木連続幼女誘拐殺人事件”に憑かれているように、かの国でもコレに憑かれている事件マニアは相当数いると思われる。犯人に辿り着いている人もそろそろいるのでは。

次回渡韓の際には是非現場を巡ってヒマをつぶしたい。あのドブや松林はまだあるのか、とかサ(単なる野次馬)。もちろん手を合わせて来よう。

良い“BOTS”モノは、映画を観て、ノンフィクションを合わせ読み、製作者が変えたトコをまた観なおしたり、現場やロケ地を巡るなど、一粒で何度でもオイシい楽しみ方ができて長持ちだが(じっさい“サリネチュオク”はもう10年前の作品である)、ズッコケ孤島もの「ビー・デビル」まで“True story”とか言われると、韓国人トナッテンタヨ、と。

春の済州島旅行では「四.三事件」の慰霊碑を探し、こないだの渡韓の際には、旬である旅客船沈没事故の慰霊広場でかわいそうな子どもたちに手を合わせて来たが、次はコレだな。
画像にある、現職担当刑事が書いたこの本以外になんかあるかなノンフィクション。
次はどうせ愚妻に「夏物持って来い」とか言われるのだろうから、事前学習にいそしんでおこう。

思いつき“Based on a true story”モノランキング(多分今だけ)

第5位「チェンジリング(クリント・イーストウッド監督 2008)
同点5位「ミュンヘン(スティーヴン・スピルバーグ監督 2005)

第4位「冷たい熱帯魚(園子温監督 2010)

第3位「セルピコ(シドニー・ルメット監督 1973)

第2位「ゾディアック(デイヴィッド・フィンチャー監督 2007)
同点2位「フレンチ・コネクション(ウィリアム・フリードキン監督 1971年)

第1位「殺人の追憶(ポン・ジュノ監督 2003)


ゼロ年代、恐ろしく名画多い予感。再検証必要。


◎磁

P.S. 実は楡稚里ツアーを先にしたいのだが。まだ野次馬(おめーだよ)やハラペンがいっぱいいるのだろうか。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント
カテゴリ
live earth
最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

◎磁

Author:◎磁
J.I.V.A.主宰。 
「不惑」を迎えるも、これまで総合演芸の名の下にあらゆる見世物に手を出し口を出し、何屋だかいよいよ分からなくなってきた「惑いっぱなし」のチンピラ中年。


icon3

旧HP「電磁場」とのリンク期間終了しました。
これまでの活動報告やイベントレポートなどはリニューアルしてこちらでボチボチと引き継いでいます。これからの活動や仕事の話、主宰者の私事などもガチャガチャと書き散らしつつ。



今後ともよろしくお願いいたします。

click here↓


shots-poster2

followicon

oni-pos


Firefox ブラウザ無料ダウンロード

フリー素材 -SpiderWorks-

Google検索バー
now Loading...
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。