スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マレーシア追懐~その1~

kajang1

このカテゴリ「仕事の話」ではJ.I.V.A.活動と違う場所で行った仕事の話をしていきます。
古くなりますが2008年初夏、マレーシアの小都市カジャンで行われたイベントに参加して来ました。その珍道中を追想してみたいと思います。
なぜってアジアに興味津々の今日この頃だから。

全くの偶然から巻き込まれた企画でした。

「映エイジ磁」で知り合ったK野君(キットハンサム)から「今度プークの小屋で芝居を打ちたい」と持ちかけられ、じゃあちょっと間に入ってネギリ交渉でもしてみようかと、打ち合わせに顔を出す所から始まります。約束の時間前に劇場外に行ってタバコ吸ってウダウダしていたとき、たまたまワークショップの相談でプーク人形劇場の小屋番真知子氏と会っていたマレーの才女Dr.ウォン・オイミン(マジ通りすがり)に会いました。案内していた真知子氏が俺を見つけ「あ!オイミン!ホラこいつこいつこのガラ悪い金髪」と紹介してくれました。「実はかくかくなのよね、あんたマレーシア行く?」「行く!」とその場で即答、この多分にウサン臭い地獄のツアーに参加が決定したのでした。

実は俺、普段はテレビのCMやこども番組の人形や道具、模型なんかを作る美術関係の仕事をしています。

この仕事は、真知子氏が普段相手にしている小さい子らじゃなく中高生という面倒な年頃相手だから若いのがいいらしいし(見かけだけでもネ)、撮影現場や工房でそれなりの経験値もあるし、なにより人間がらみの面倒くさい所を文句言いながらもちゃんとやる所がバレており、白羽の矢がピンポイントで脳天に刺さったというわけでした。

そして一路、手ブラで彼の地、マレーシアへ…

この頃実は、長年の不摂生で育んだ痔瘻が悪い時期で、「長っ尻で熱い国とかカラい食いもんヤバいな」と思っていたのですが、こんなヘンな仕事、ボランティアでもやってなきゃなかなか無いぜと、好奇心の赴くままに飛び立ったのです。

kajangmap


「Revive Our Cultural Town」。
これがDr.ウォン・オイミンが提唱した今回の町おこしイベントの理念でした。更に現地入りしてから聞かされたワークショップのテーマは「My Hometown Kajang(上地図参照)」。俺と真知子氏は呆然としたものです。町の成り立ちも知らぬ、完全なビジターである我々が何を教え、何をリヴァイブさせろというのか・・・?

日本でこの話を真知子氏から振られてから、ある限りの情報をかき集めて(ないんだ、コレが!)いた頃から、おそらくいつもの「行ってみりゃどうにかなる!」では済まない事は想像できていましたが、最初の数日は読めないスケジュールと材料,道具などの不足もあって半ばパニックを起こしかけました。
まずは竹が欲しい、材木が欲しいと、つい口を滑らせた所、地元ニューエラ・カレッジの学生が運転する暴走車で3時間余、人っ子一人いない山奥の天然の竹やぶに連れて行かれたあたりでイヤな予感はほぼ的中、前途の多難さに青ざめた二人でした。そっから目で良さそうな竹を選んで指差して、傍らでダルそうに聞いてるオヤジ(屋台兼業)に切り出してもらい後で束ねて学校に届けさせるというおでん屋以下の荒っぽい調達。使えんのかよそんな材料…

下画像がその自然公園脇にある竹屋。ウソじゃないよ。中央のカワいいのは天然の猿だよ。

kajang3


波乱の幕開け、第一回はこれまで。

◎磁

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント
カテゴリ
live earth
最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

◎磁

Author:◎磁
J.I.V.A.主宰。 
「不惑」を迎えるも、これまで総合演芸の名の下にあらゆる見世物に手を出し口を出し、何屋だかいよいよ分からなくなってきた「惑いっぱなし」のチンピラ中年。


icon3

旧HP「電磁場」とのリンク期間終了しました。
これまでの活動報告やイベントレポートなどはリニューアルしてこちらでボチボチと引き継いでいます。これからの活動や仕事の話、主宰者の私事などもガチャガチャと書き散らしつつ。



今後ともよろしくお願いいたします。

click here↓


shots-poster2

followicon

oni-pos


Firefox ブラウザ無料ダウンロード

フリー素材 -SpiderWorks-

Google検索バー
now Loading...
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。