スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブルーライト・ヨコハマ

yokohama3

♪うるさい 奴らさ
見たくない そのツラ
聞きたくないないないないない 言い訳
あー う・る・さ・い!!♪ 
THE MODS/うるさい!!


大らかな時代。森ヤン名義の数曲、鮎川さん名義の数曲などはこの世知辛い世の中では簡単に「パクリ!」などと言われるのだろうな。コレだって、モロに「I wanna be …」
…ってイイよ別に。Rock'n rollサイコー。Johnnyが怒ってなきゃ何してもイイ。

「うるさい!!」

いいね、コレ。なんか喉に引っかかった魚の小骨みたいに(程度に)気に触るハナタレがチョロチョロ居て、効く懲らしめ方を脳内検討しなくてはならないのだが、年末年始は僕チャン、多忙でしかもミョーにクリエイティブな時期なんで(アホか)、その程度の雑事、由無し事にはこう言って放っておく事に決めた。

「うるさい!!」

……


「うるさ~い!!」

…怪物クン。


トップ画像。横浜の赤レンガホールに”バンクォーの生まれ変わり”のジャンク怪物クン、ちゃんと登場。
芸術監督佐々木氏自ら、入魂の操演(笑…ゴメンね、手伝えなくて)。
オープニングと休憩開けに二度のご登場。

てかオイ。や、やっぱ浮いてただろ!死んだ魚だけに。

Sasakittyのセットと、暑苦しいレスラー共の体液、様々な凶器。リングの無造作な鉄やゴム…鉄骨…退廃の香りのするホン…もう少し世界にビシッとハマるかと思ってたけど、ビミョーにお魚ちゃんだけズレてたのはやっぱ横浜だからかな(違)。
プロレスも芝居も幻想とリアル、もといリアリティで成り立っているはずなのに、どちらのバランスもイマひとつチグハグだったかしら。これが異種格闘技戦である事はハナから織り込み済みだったはずなので、もう少し双方歩み寄りが(食い込みかな)あれば本当に観た事ない世界が開けるかも。
レスラーが稽古いっぱいするとか、劇団員もレッスルするとか(どっちも無茶か)…

それとも、単にもう二つ三つああいった完全な作りモノがあったらどうだったかな(ベイダー甲冑的な)。もっとこういう刺激的なお仕事ちょうだいね、だって。

このシリーズ。実験的で、発展途上である事が重要だった季節を過ぎて「さあ、次で完成!」ってカンジなのに、この三回目をもって打ち止めとPはおっしゃる…
気が変わるのを待つとします。

いろんな意味で非常に意義のある公演(試合)だったと思うが。惜しむらくはアイツを”立会人”として「ちゃんこバー」のフロア辺りにずっと置いといてくれたら、気の効いた選手が凶器に使ってくれたかも…なんてないものねだり。ファンか。ファンだよ。

総括にも何もならないがこの興行、川崎だったらズバリだったかもネって印象(また地域差別)。
面白かった。

むにゃむにゃ。
舞台とプロレスのバトル、選手たちの実際のバトル模様も含めた報告を、と思い仕事のカテゴリに入れて始めたが、このカンジではそうはならない。とりあえずFBにアルバム作っといた。


7年ぶりくらいの横浜赤レンガ倉庫。
…なんかちょっと前まで海じゃなかったか?という所を歩いて行きながら、色々思い出したよ。
「ニューTVK開局記念 LIVE TOMATO」で来たんだよな。その前は「第五回インディーズ・ムービーフェスティバル」の表彰式(結果入賞はせず)。岩井志麻子読んでたな。で、シーガルかトンビに急降下爆撃喰らったな。あまりのイケ好かなさに、したくもないクソして帰ったな「ナントカ・ポータース」で…
と、場所とともに覚えている記憶はその場所に来た途端アリアリと蘇るね。

およそ好きじゃない、神奈川。てか横浜。てかMM21。
ヤマガタ・ヒロミチ(覚えてる?あのヘンな箱)…カールスモーキー(スケートリンクだとよ!)…マッスル・ミュージカル…なんかいちいちイライラさせる「アート」の香り醸し出し努力。

そこで時折混ざり込むロックの香り。ローカル色の強い、「アート」から少しはみ出ちゃう催し物(港祭りのサンバ美女とかよ)もあるから完全無視もできない。横浜。
今回の「大日マクベス」もそんなカンジ。変だもん。あんなトコで、薄暗い、いや真っ暗な海っ端歩いて石井のアホ横目に一歩倉庫に入ったらムサい大男が汗と血に塗れて蛍光灯割りながらシェイクスピア演ってるってのは。やっぱり。痛快、痛快。是非次回は(だからないんだって)、会場外乱闘も希望(キモいブティックブッ壊しいの海落ちアリいので)。

そういって思い出せば、前述TVKのライブは”もしかしたら、これまで観たロックのライヴ(オムニバス)でサイコーかもしんない”的名ライヴだったな。妖精達の奇跡の共演。武道館でキヨシローの変な、間違ったのやってるリーマンどもはコレの主催者の爪の垢を二度出しして飲め。
昔から神奈川は嫌いだけどTVKは好きっだった(モチ昔の)。本当にあの場に居られて良かった、なんて”思い出作り女子”みたいな感想を言っちゃうモンね、いまだに。
女子っていえば民生や、森ヤンの如きオッサンがパッと出て来て一声出したらまわりの「チャコフィ女子」が絶句してたのも痛快だった。

MM21も無かった学生の頃に大黒ふ頭でワケワカんない雑なプロモ撮ったりしていた事もあり(アホだ)、その頃からなんだかんだで。ああ、横浜(大好きなんじゃ?)。
ホントイケスカない地域だが、ユルいから色んな物が集まってくるのは事実。
だからこそそこに、腐臭が漏れてたり、一服の猛毒が混入した様な気の効いたイベントは、実は川崎みたいな最初から毒だらけのトコよりも多発してたりする。ハイブリッド・シチー。
どうせまたそのうち、何かを求めてノコノコ出て行くのだろうな、赤レンガには。

え?本来デートで行く所だって?


「うるさい!!」


◎磁


P・S・
カンケーないけど、このライヴ時のTHE MODSの動画に我らバカ夫婦(このときは他人)がシッカリ映り込んでいて↓↓↓ちょとウレシい中2男子。ファンか。ファンだよ。ひれ伏しちゃうね無条件で。森ヤ~ン!

yokohama










スポンサーサイト

コメント

No title

アートディレクションってモノは、世界観やらフォルムやら色彩やらテクスチャーが緻密に計算された世界なんでしょうけど、唐さんやら寺山さんやら赤塚さんやら清順さんがやって居る事は,単に好きな物の羅列で・・一度咀嚼して消化し切った蘊古みたいな物だと云う事に30代後半に気が付いた訳ですよ・・。 仕事では・・整合性だの統一感だのホザイて居ますが、自分の作る物位好きにさせろと云うのが「大日シェイクスピア」なんでしょう・・。本当に自由に3本作らせて頂きました。  寄席や紅白歌合戦なんかもそうですが、バラバラの人間が集まっても、興行ト云う物は一つのパッケージに成るから不思議です。
 恐れる事無く好きなおもちや箱を友達に見せてあげれば良いんですよ・・。
 4年間掛けて、関係者の皆さんから学んだ事でした・・。
 また何かやりたい物ですな・・・・。

うん

それは、よく分かる。

いよいよ独立。
がんばっていきましょう。


世知辛いよ!
非公開コメント
カテゴリ
live earth
最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

◎磁

Author:◎磁
J.I.V.A.主宰。 
「不惑」を迎えるも、これまで総合演芸の名の下にあらゆる見世物に手を出し口を出し、何屋だかいよいよ分からなくなってきた「惑いっぱなし」のチンピラ中年。


icon3

旧HP「電磁場」とのリンク期間終了しました。
これまでの活動報告やイベントレポートなどはリニューアルしてこちらでボチボチと引き継いでいます。これからの活動や仕事の話、主宰者の私事などもガチャガチャと書き散らしつつ。



今後ともよろしくお願いいたします。

click here↓


shots-poster2

followicon

oni-pos


Firefox ブラウザ無料ダウンロード

フリー素材 -SpiderWorks-

Google検索バー
now Loading...
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。