スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

すなてでよかった



時代と共にどんどん小振りになり、今や存在すら疑わしいアイテムのひとつに、”おばあちゃんの知恵ぶくろ”というのがあろう。
昭和40年代前半生まれの俺のおばあちゃん辺りは戦前・戦中(湾岸戦争じゃないよ)を生きて来たタフな世代で、やはり日常のチョットした部分をより良く、少しでも快適にするための小さな知恵がたんと詰まった袋を常備していたように思う。ただのトリビアでなく、時にはこのボンクラの命すら救ってくれた、大変実効性のある袋だったと今更ながら。

曰く「馬殺し」。

コレ、俺のように一人暮らしの長かった放蕩孫(そんな言葉はない)が、ガタガタながらもこんなトシまで生きて来られた事にかなり貢献しているワードなんだけど。知らなきゃ、シワ取りと韓流追っかけに忙しいチミのおばあちゃんに聞きたまえ。

似た様な絶滅危惧種には”オフクロの味”とかもあるが、ソレはまた料理話の時にでも(あんのか)。

だいたい、俺の方がモノ知ってたりするから嘆かわしいネ、最近の”おじいちゃんおばあちゃん”のていたらくは。
俺の好きな福澤徹三センセの実話怪談や「新耳袋」のエピソードに時折出て来るおじいちゃん達の、明らかにアッチに片足踏み入れたモノ言いのなんと含蓄に富んだ事か。

資料も参照せずにパッと思いつくトコで俺が大好きなのは、「新耳袋」に出て来る、「砂手で良かった。泥手やったら死んどった(ウロ覚え)」とボソリとつぶやくおじいちゃん。
福澤怪談では、坊主頭の子どもに水底に引き込まれそうになり、命からがら帰った話者に「盆に海に入る奴がおるか」とドヤすおじいちゃん。または水死者を祀った無人島に人魂の誘いで連れて行かれそうになった話者に「ひとつで良かった。わしのときは5つやったからの…(意訳)」っていうおじいちゃん。

こんなこと孫に言えるようになるんだろうか、この勉強不足の俺は。

かつて勤めていた職場の独身女(イイ年)があまりにもモノを知らない事に呆れて、「ねえ、そこまでモノ知らないと、自身の命どころか、関係者や家族の命もいずれ危険に晒す事になりはしないか?知恵のある大人が子どもを守る事で永らえて行くのが世界の摂理なのでは?」と小言を言った所この女、「孫に『ばあちゃんダメだなあ』と言われて教わる様なおばあさんになりたい」とてらい無く宣い、俺を「エミリー・ローズ」ばりにのけぞらせたものだったが、論外であろう。
孫を危険にさらす前に死んで欲しい。さらには子どもも作らなくてよろしい。なので慌てて、低質な伴侶を求めなくてよろしい。つまり、今のままのキミが最高。

なんとなく人生を折り返した感が否めない昨今なのだが、できれば孫がうかつにも未だ日本中に顕在する異界(沖縄など)に足を踏み入れ、死にかけたときなどに気の効いたひとことで喝破できる、知恵あるお爺さんになりたいものだ。

P.S.
盆近し。またしても異界モード突入準備中。

◎磁
スポンサーサイト

思い過ごしも怪異のうち

zusyo2

こないだ久々、朝っぱらからスタジオに居て。
なぜかしらねどキャットウォークを見上げていたんだよ。ふと。後で考えてもなんで見上げたのかは不明だけど。
およそ15秒間くらいある一点に気を取られていたワケさ。モチロン、何も見えやしなかったんだけど。「女優霊」的なわかりやすいモノは、何も。
で、本番始まっていつものようにセットのウラで椅子に腰掛けてモニターで番組チェックしていたら、視界の隅で何か動くワケ。ふと。「絶対、ソッチ見るのイヤだなあ」と放っておいたら、随分前からスタジオの隅の所謂”パターン台(民放なら”フリップ台”)に貼ってあった俺製作のマグネット付きのカンバンが「パタ」とか落下してさ。ヘンなのよ、落ち方が。そもそも落ちる事自体が。
で、とどめに。しばらくしたらセットのどっかで「バッターン!」とか何か落ちやがってさ。実際はセットの天窓がなんでもないのに閉まったってんだけどさ。閉まんないって、普通。

あ、コレ”なんか”じゃね?と、その時。朝のクセに。

もうかれこれ3年もやってるスタジオで立て続けに初めてのヘンな事が続くと、いきなり回路が異界にIN(小学生)するのも仕方なかろう。もう、脈絡無く「ずっと原因不明で肩が痛いのもコイツ(ドイツだ)か?」みたいなモードになって。突然「墓参り」なんて熟語が脳裏に浮かぶに至ってはもうキチガイ。

でも、こういうのはきっと、その時直感したのが絶対正しかったりもするので、一応念じたよ。ご先祖様、とか(キチガイ)。まあ、何にせよ場所もNHKだったりもするし、ヘンな事ちょっとあったくらいでは大抵放っておくのだけど。なんかココまであり得ない偶然が続くと「コレは自分に何かあるんじゃないのか」と思うのも相当ワルいクセだな。

それが何なのかは大して追求しないクセに。

同じ事が起きても、全く意識しないままやり過ごす日もあるのに、「何か思っちゃった」ってコトは何かあるんだろうな。多分。そういう曖昧なカンジに無頓着でいると、なんかこういう仕事とかの根幹に関わる大事な物を見落とすんじゃないかと不安になるので(感性とかのハナシね)、落としどころも考えず書き散らかしたりして。

この気分に関連して(させて)、ホントは書こうと思っていたのは「天守物語」のハナシなんだケド、中止。トップ画像との整合性も取れぬままこの項終わり。眠いから。

つまりは「ノロイ」について感じるところあって始めたハナシなんだけど。
やめた。コレ(ドレだよ)、このカテゴリでず〜っと書き留めておこうと思ってるハナシなんだけど、今日も書けないって事はまだ時効じゃないのかもね(適当)。

◎磁

She saw it standing there

hounan

だってなつだもの みつを

先だって家人が「幽霊をみたかも新米…」などと、夏らしく狂った事を言い出して。「チッ、どこでだよ」と、あくまでも冷静に大人なリアクションをすると。

「…そこ」

と、我が家の窓を示すではないか。俺としては即座に「あ、雨続きで狂ったな!」と判定したのだが…

前述したがこの家人、好きでもない奴の”面倒で手前勝手な誘い”を断る事すらうまくできない人の良さで、まして悪意を持って人を騙す様なウソはつけないタイプ(そうじゃないウソは大いにつくにしても)。確かにこれまでの長い付き合いの中でも数回、これに似た様な事を聞いたな。

「幽霊かも…」「幽霊を見た気が…」

こう書くと非常に誤解されかねないので注釈を付けるが、彼女は別に「そういう事言う人」や「そう見せたい人」とは程遠い人間性で、おそらく非常に立派な社会人に囲まれた勤め先などでは、こんな事言ってポジション作ろうなどというセコいアピリを模索してる三流美大卒(ブス)などとは一線を画していると思われる。かといって信憑性があるかと問われれば、まあ、俺だって大人だし口ごもるのだが。状況証拠という事でなら、「俺じゃあるまいし、コイツがこの種のウソ言っても誰も得しないし、アピりたい系心霊少女ならもっと怖い事創るだろう」といった部分を採用し、常に信じるのだが(アホ)。

かつて勤めていた渋谷の某テレアポ会社。残業時に自分のブースの大窓を見たら、外は暗いため煌々と電気を付けたオフィス内がクッキリと映り込んでいる。と、そのパーティションの上に「オッサン」の首が乗っかっている。「アレ?人が覗いてる…でも、あんな所に人が顔をだせるワケないか」という理由で見間違い扱いにして終わり。

俺が日野に住んでいた頃、二度目に越した魚屋の二階のアパート。最初からこのアパートが嫌いだと放言していた家人、俺の居ない日に勝手に泊まり、ひとり寝ていたら。夜中に物音(だか気配)で起きると廊下と部屋をつなぐ扉が開き、「黒い人」が入って来たと言う。俺かと思ったがどうも違う。この時は怖いので誤魔化して寝たらしい。このアパートは俺が住む前、放火で全焼して立て替えたモノだという事だが、「黒い」ってのと関係ないといいな。

などなど…事後の処理の仕方が常に狂っているのはさておき、ままある。

で、ついにウチにも!ヤア!ヤア!ヤア(記事タイトルにこじつけようとして失敗)!
居間の窓を開けて寝ないととてもじゃないがやってられない季節になった。その日も開けっ放しで寝て居たと言う家人。一般に、幽霊目撃譚を一番信じてもらえない寝入り鼻の時間帯。メガネを外してボンヤリした視界というファクターも、また信憑性を削ぐのだが…

なんかの拍子に目を覚ましてふと見たら、開けた窓の外に「なんか居た」と。コッチを向いているのはまっくろい影だが、輪郭部分に片側から光が当たっていたと。

…即座に「それって…コレじゃないの?」と思い浮かぶ(なよ)のが下画像↓↓

suspi1


「サスペリア(ダリオ・アルジェント監督 1977)」のクライマックスに出て来る魔女ネ。
「…ででで、どういう形だったのよ?」とすっかり信じて問えば家人の宣わく、…

「…あ。ホラ、カオナシ居るじゃん?あんな形でさあ…」

あ!もういいや、聞きたくない。怖いから。
しかもそれが実話怪談の中でも最も”幽霊らしいムーヴ”であるところの「平行移動」でフレームアウトしたというじゃん。ああ、もう聞かなきゃ良かった。
視界の隅にある気配や陰が、目の動きに合わせて掴みどころ無く消えたってんじゃなく、窓外に立ってたヤツが平行移動でフレームから消えたってんだからそりゃ「誰か居たか、誰もいないのにソレが居たか」しかないじゃん。やだやだ。今日からソッチ見えない方向に布団敷いて寝よ(で、いいのか)。

が、待てよ。窓の外だったんだよな。
じゃあ、いいか。中だったら引っ越しだよ、全く。
ウチは築年数も中年域の一軒家で、しかも杉並のイイ場所にしては破格に安い。さらにはかつて下宿に使っていた二階二部屋はモノだけ置いてあるが無人(現在は俺のアトリエ)、と聞いて飛びついた「問題物件(笑)」だったので、何が起きても驚くに値しないのだが、中に住み着かれては困るものね。ただでさえ家人だけでもウルサいのに。

かように、2人とも人として狂っている為、非常に矮小化された感のある我が家の「霊現象」だが、実は俺にはもうひとつ、以前から我が家で気になっている事があって。これについてはこの夏中に決着をつけたい。家人の如き狂人の戯言を無条件で信じた裏には、実はソッチとの関連を感じたからで。

トップ画像でねこが寝ているココ。カオナシもココに出たのだと言うし。一日中、陽も当たっていないのに必ずココにねこが寝に来るのも含め(笑)、掃除がてら調査開始と行きたい。

中途半端な情報しか無くいつも頓挫するが、夏の度に思い出す尾瀬の様なアレ、「横須賀観音崎公園不思議写真」の調査と合わせ、地道に続けていこうと思う(ヒマなの?)。

この面白いボロ家を、地震で壊れちゃったり、夫婦ゲンカがウルサくて追い出されたりする前にネ。たといその努力が全く世間とつながっていなくとも。


え?面白そうだからだよ。

◎磁

Mother Nature's Daughter

kubi2

宗教でも啓発でも何でもそうだが。

ひとつの場所にずっと押し込まれて、昼夜も無く似た様な作業をひたすら繰り返すのが、人がもっとも早くトリップできる状況だろう。それが俺のルーチンだよ。

まして美術のようなジャンルの仕事で、ある事ない事含めて毎夜空想頭を酷使していれば尚早い。もう、何が常識だか誰が現実だか分からなくなってからが一人前の芸術家という側面もあろう(ねーし)。
周辺に「10年に一度の奇遇」や「電波攻撃」「おかしなものを目撃する」などの、ヘンな事ばかり起きてる気がして来たらもう要注意で、知人の中でなるだけ馬鹿を探して、バーベキューや花火かなんかのムダなレジャーに率先して参加するなどの策を講じねばネ。旅行も(場所によるが)可。
※かつてそのような状況で夜中の高尾山に星見に行ってヒドい目にあった。馬鹿さが足りなスギた…

映画などを作っている時に起こりがちな、集団ヒスのような極めてトホホな精神状態も、完成を見た後に振り返ってみれば撮影というムダに過酷で異常な環境(インディーだしな)が成せるハシカのようなものと分かる。

で、「鬼の首捕って候」。

なんだかんだで中くらいのヤツ、3作目だというのに狂ってたなあ、相も変わらず。また生首だよ…屍姦とかな。

この時は登場人物が皆陰惨に死ぬので(アホ)、前2作の轍は踏まじと、撮影に入る前に四谷参りを済ましたのだが、その四谷ですでに説明出来ない不可思議な現象に巻き込まれ、前途多難を意識したものだ。

野生児の様な出演者陣と天然系スタッフを連れて思いつきで行った四谷参りにて。

kubi1

▲どうでもイイが、凄い出来映えのダミーヘッドじゃんコレ…D肥先生とS山クンの手に成る。


田舎もん共が地図すら調べずテキトーな出口にわらわら降りて、その正確な位置が分かるはずも無く「確かコッチだよ、多分…」みたいに延々歩き回っていたら(当然、今思えば全く見当違いの方向)。

大通りの交差点、ビル陰に辻占いが出ていて。

…イヤ、まだおかしな事言ってないよ。本当に。中年女性の「易」かなんかの。居たの、マジで。
「すいません、お岩稲荷に行きたいんですが」と聞くと、「アッチ」と指差す。
地図でも出してもっと詳しく、というのがホントだろうが、なにせバカばっかなので「あ、アッチですね。ありがとうございました」と、指差された方向にゾロゾロ歩く始末。マトモなやつ一人くらい居ても良かったと思うのだが。大通り沿いに歩いても”前回(前々回)来たときは、絶対こんな風景じゃなかった”とアバウトに確信していた俺が「とりあえずウラ道に入ってみよう」という、まったく根拠のない提案をして路地をブラブラと。ムダ話なんかヤケに盛り上がってしながら、もはや誰も行き着けると思っていないヒマ人のお散歩大会になった頃。

なんの目印もない小道を通り過ぎようとしたとき、突然立ち止まった野生児主演女優が「……コッチじゃない?」と見当違いな方向を指差した。
「始まったよ、全然ありそうもないじゃん、ソッチ」だの「根拠あんのか」だのと皆で罵倒しながらも、誰にも「ソッチじゃない」という確信があったワケでもなかったので、より細い小道に入ってみたら…

20mも行かないうちに現れやがんの、ドーンとお岩稲荷。

「ウソ…何でコッチだって分かったの?」てな具合に問いつめても「…ん?なんか言った?」みたいなボンヤリ状態の主演女優氏。まあ、たどり着けたに越した事はない、と皆でノンキに鳥居をくぐったら、その女優氏、突然また大声で「ウワ!」とか言い出して。「…チッ、今度は何だよ?」と皆で問えば(すでに誰もマトモじゃない)、「今、このキツネの間を通った時、風が体内を吹き抜けて行って、何かが一緒に抜けて行った」式の狂った事を言い出した。
その後はカノジョ、「あ、なんかもう、今、浄化されたから今回は大丈夫」などと、発言は狂う一方で閉口したのだが、後によく考えたら、マトモに参る気があるのかないのか分からない不埒な集団がゾロッゾロ歩き回っているのをいい加減みかねたおキツネ様(お岩さんとは絶対言いたくない)が、とりあえず一番シャーマン的体質(カラッポとも)のカノジョに眼を付けて、導いてくれたことだよなあ、と思えても来る。

で、オチはさ。
滞り無くお参りをして勝手に浄化された女優と共に、件の辻に戻ってみたら…

居ないの、そんな易者。陰も形も。

全国的に、まして文化活動を志しているものなら誰もが知っている超有名お参りスポット「お岩稲荷」に、ここまでアヤシの手を借りなければたどり着けないヘタレスタッフっていったい。

結局、お導きと共に勝手に「何かがヌケた」女優氏以外はみんな、結構過酷な目に合わされたヒドい現場で(S山クンとか、命がけだし…)、河原のシーンにおかしな声録音されるし、アフレコのスタジオおかしな事ばっか起きるし、お参りの効果あったのかよ、と。

ひとつ、教訓として言える事があるとすれば、「自主映画は、無神経なくらい図太いヤツらと作るに限るネ」ってコトか(全く為にならない)。

でも、相当イイ加減な俺が一番神経質に見える程、”おおらかオーラ”の人達で作った本作…やっぱどっかヌルいんだよなあ…



…思い出したがあの声、なんだったんだよ実際…
「ま、いっか」。

◎磁

I'm learning to fly

ufo

♪But I ain't got wings♪

はたらけど
はたらけど猶わが生活(くらし)樂にならざり
ぢつと手を見る              
                   啄木

いや、↑コイツに比べたらラクだけどね、くらし。腹水も溜まってないし。借金もないし。

昨年の大震災以降、なんとなく俯き加減で、「いつまた揺れ出すかわからない地面」とか、「普段、公共の仕事場で不埒な製作物などを晒しているクセに、肝心な時には苦労している被災者の方々に対して何も有効な支援(モチ仕事上のネ)ができない、この、いささか労働に向かない(ほっとけ)キレイな手」とかばっかり見ていて、ダメでしょ。いくえみ 綾(古い)。
余談だが、くらもちセンセの「キレイな手」モデルはトシちゃんだって。ああ、時代…

上を向いて歩こう(アホか、転ぶわ)。
家人の如く、階段の一番上から下まで綺麗に落ちて服を破きたくはないので上を向いて歩くのは御免だが、前を向きながら少し上方向を見ようかな、と。そしておもむろに歩き出そうかな。
なんか以前も書いたが、九ちゃんの「上」には「尾翼の欠けた飛行機」が飛んでいそうで怖いんだよな。なんか前向きな事宣言しようと思って始めたのだが、よした。

UFO見た事ある人いる?
まだの人は見とけよ。また、来るぜUFO。
未曾有の天変地異や、政府の無策などによる出口の見えない不景気のせいで、異様に世知辛くなっている現代だが、いつもナイスな視点切り替えを促進してくれてウレシい「ナイトメア叢書」も最新刊は『天空のミステリー』。
先進国政府は勝手に「UFOいない」でまとめてしまおうとこの数年圧力を行使して、世間的には成果も出て来たようだが、バッカじゃないの。見ろ。空を。たまには。DTや書類睨んで金勘定ばっかやってたり、動画サイトで「青春腐敗(今頃)」ばっか見ていては(俺か!)見られるUFOも見られないというものだ。
UFO来ないかな、そしてできれば南の方に運んで行ってくれないか。

こんな低次元ブログで上記本寄稿者の様な難しい事ウマくまとめられるはずも無いので、ここは中坊マインド全開で、かつて、身近な人々から聞いたUFO話を思い出すままつらつら。
あ、この場合UFOは原義通り「未確認」な「Flying object」の事で、別に「宇宙人の乗り物」の話じゃないので悪しからず。

たまに今でも憧れを伴って思い出すのは、専門ガッコの同窓生だったオーちゃんがガキの頃見たという、「夕暮れ時に見上げた電線の上を走っていた、金色に光る馬車」っての。いいなあ、コレ。俺がネタとして持っていたかった位だよ。「天使見た」って知り合いは割と多いのだが(どんな生活圏だ)、馬車はオリジナル度高い。この話題の際、ヤボテン代表のK藤君など、不可思議な物を見た体験で覚えているのは「自宅の襖陰からニュッと伸びたオッサンの毛ずね」のみだってんだからロマンが無いにもほどがあって(コワいが)。

だらだらしそうだな…やっぱよそう。

記しておきたいのは、我らバカ夫婦が「ただの精神年齢が同じの情緒不安定バカップル期」を超えて面倒クサい結婚などするに至った最大の要因は「和泉多摩川散歩時に一緒にもの凄いUFO見た事」だからね。凄かったなあ、あのUFO。実際、なんだったのかなんてどうでもいいや。その家人が貧乏高校生のコンビニバイト時代に、早朝見たという(しかも自分で呼んだとまで!!狂っている!)UFOも、俺が多感な二十代の頃、川崎は宮前区で車窓より見た「ヘンな動線で高い所を飛ぶ光る物体」も全部霞む、まさにアンノウンな飛行物体。
デカくてな。緑でな。
天啓というのは古来、常に天空より(脳と言うな)もたらされるもので、アレ、まさに天啓だったのだろうと、この春には44になる俺がまだ信じてる位の神秘体験だからね。脆いヤツなら宗教入っちゃうよ。でもなぜアレが天からの「結婚せよ」メッセージだったと狂った解釈しちゃったのか?という問題は厳然と残るが。てんとう虫にはやし立てられて結婚するチェリッシュ並に狂った逸話だが、事実。


最もコワいのは家人はそう思ってないコトだったりして。または、そんなモン見ていないと言い出したり…
クーンツか。


賢明な諸兄にはもう分かった事だろうが、「狂っている度合いが近い事」が、長持ちの秘訣かもね、といささか場違いでテキトーな恋愛論にスライドしたところでサッサと締め。

長文を書くリハビリにブログを使おうと懸命な俺だが、うまくいかんモノだ。IQ貧乏丸出しで。嘘ばっかで。

ホントは「天空よりの啓示話」からスライドして、震災以降、『実に浅い「愛」だ「しあわせ」論を方々に撒き散らしてプチ宗教化しているかわいそうな業界知人とその信者』を揶揄したり(殺されるゾ)、そういう手合いと、ソイツらが憧れて止まない、本来的なキチガイクリエイターとの差異について論じようと思っていたのだが(思うな)筆を改めるか(改めるな)。


♪愛や幸せを 君は偉そうに
雄弁に語り 続けるが
そんな事はもう はるか昔に
さんざん親から 聞かされた♪
『こんなもんじゃない』By.マーシー

◎磁


カテゴリ
live earth
最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

◎磁

Author:◎磁
J.I.V.A.主宰。 
「不惑」を迎えるも、これまで総合演芸の名の下にあらゆる見世物に手を出し口を出し、何屋だかいよいよ分からなくなってきた「惑いっぱなし」のチンピラ中年。


icon3

旧HP「電磁場」とのリンク期間終了しました。
これまでの活動報告やイベントレポートなどはリニューアルしてこちらでボチボチと引き継いでいます。これからの活動や仕事の話、主宰者の私事などもガチャガチャと書き散らしつつ。



今後ともよろしくお願いいたします。

click here↓


shots-poster2

followicon

oni-pos


Firefox ブラウザ無料ダウンロード

フリー素材 -SpiderWorks-

Google検索バー
now Loading...
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。