スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

All You Can Carry (適当)

kokkai3

不本意であることは前置きさせてネ。こんなトコ(SNS)で何も表明すべきでないのは重々承知なのだが、どうも庭に穴掘って叫ぶだけでは済まないあれやこれや。不当に貶められてる若者がいたり…もうこれっきりにするからご容赦。

 この度はいささか敵がデカくて危機感を覚えたので、支持政党や政治思想はどうあれ、土壇場では、たとえ烏合の衆でも、“共有できるテーマひとつ”で一丸となるに越したこたないよな(創価学会とさえ!)と判断し、国会前で反対派を応援しました。
 そのテーマが「打倒安倍!安倍死ね!」方向に絞られてきた時点でモチロン違和感は感じていましたが(実は倒れてくれたらチョット嬉しいけどネ)。だからといって俺は、“反対を叫ばない理由を一生懸命探している”間に「賛成側」にされちゃっているのがイヤで、テーマはシンプルに「違憲立法許すまじ」のみに絞りました(完全『護憲派』かというとそうでもなかったりするんだが…現政権下においてその議論するのは絶対ヤなので)。

 みんなの好きな「今頃ガタガタ言うなんて、じゃあなんであの時自民に入れたの?」論は、実質無効でしょう。やはり、叫んでいた人たちは前回自民党に入れていない少数中心だったのは間違いなく、そんな設問でただ水を差しているだけの人こそ、「あ、前回コッソリ自民党に入れちゃったのネ?」とカンぐってしまいます。3万人が少ないとか、目を開けてほしいものです。

 でもそれでもいいんです。「イヤ~、こないだ、家族の生活を安定させたくてつい自民党に入れちゃったから…」という人たちは特に、このところの盛り上がりは居心地が悪くて踏み込みにくかったのは理解しますが、安倍には実際アタマ来てるでしょ?このままカッコばっかつけてアベノミクスとTPPブン投げたらさすがに怒りますよね?あの人たちは「解釈改憲・違憲立法」に怒っている人たちですよ。マトモな自民を支持する同志じゃないの?

 こないだ、つい流れで数の多いほうに着いちゃった自分を恥じるあまり、つい脇の甘いデモの若者のアラを探したり、ついマジで隣国の脅威に怯えちゃって『抑止力』なんてヤー公みたいな理屈にノッちゃったり、つい「ダレも戦争したくて言ってるワケじゃないんだから…」だの「強行採決って、チミ、民主主義わかってる?」だのというネット向けの誰かが用意したオトナな態度に飛びついたり(アレが『強行採決』だよ!逆に何言ってんだ、いい大人が。ヘンな事子どもに教えんな!)、ついジュリーや坂本龍一の悪口を一生懸命探したりしてしまったオトナたちも、掲げていて恥ずかしくない普遍のテーマでしょうコレ→「違憲立法ダメ、ゼッタイ」。それもアリなら何がダメなの?まして「自衛隊がそもそも違憲なんだから、ソレがダメなら洪水の時にダレも助けてくれなくなってもいいの?」論者に至っては、マトモにハナシ聞く相手ですらないから放置でいいよ、学生諸君。

 前回自民に入れちゃいつつも、「コレに関しては反対!」と叫んでいる寝返り組よりも、さらに風当たりが強かったハズの、選挙行ってない若者連中が「反対!」と真剣に叫んでいましたよ。それはただ一点、「賛成できないから」でしょう。オトナっぽい出方うかがっているうちに「違憲の戦争法案を通したのは、実質前回自民支持した有権者」などと言われて下向いてるなんて人が良すぎますよね。「次は絶対ウソつき自公には投票しない」それでいいと思います。『野党嫌い』だけで自民に投票しちゃうと、誰も選んでもいない安倍やNHKが腐ったまま延命しますから。避けたいものです。ビビらずとも代わりなんて有権者が真剣に探せばいくらもいます、多分…あなたの周りに(俺は知らないけど)…マジ探さないと…

◎磁
スポンサーサイト

Don't say such a silly thing!

syuzai2

この半年で3本、新聞雑誌に取材していただいた。新潮社「考える人」、「週刊東洋経済」、そして「読売新聞」…今更ながら恐ろしい事である。ドレもみな優秀なライターの方が非常にプロ技でウマくまとめた良い記事に仕上げてくださっているのだが、実際呆れただろうな、あまりに得体の知れないニンゲン(または工房)で…。

syuzai


コレ今に始まった事でなく、かつておかしなブラック企業に勤めていた頃より、ナゼか最もテレビ、新聞、雑誌メディアの前で喋らされてきた俺だが、いいのかこんな不埒なヤツに代表して喋らせて。ハナシが取り立てて上手いわけでもなく、シャイゆえ(自分で言うな)にコワモテぶって普段は予防線張りまくりの会話してるのに。

結果、内容はドレも似たり寄ったりの“カユいトコに手が届かなさ”である。

だいたい、分かんないってこんなフクザツな仕事。一般の人にイッパツで理解できるようになんて説明しようがない。ただ、この辺りの紙媒体やテレビを見て(まさかこのブログもか?)こういう仕事を志す奇特な方が1万人に1人くらいはいるやも知れず、あまりヘンな事は喋れない。とりあえずザックリと心に留めているのは、「美術」というジャンルにおいて、道にハズレた事を言わないってコトかね。もうひとつは一応、関係諸氏に迷惑をかけないようにはしているつもり。…だが何せ、生来のひねくれた性格ゆえ、つい口が滑った箇所を思い切り使われて掲載後に気落ちする事もしばしば。

…またキラわれちゃうよ、全く。

syuzai3


まあ、ここまで続いたので、もう今年からは居直る宣言。
営業効果や番組の宣伝効果など実は知った事か。
全ては「美術」のためである。「美術家とはいったい何か」を後の世に伝えるため、今後も恥を忍んで来る取材は全部受けて行きますので、興味持った方はいつでもコンタクトしてください…だって。結局営業だ。

◎磁

憑く事件2〜Based on a true story〜

fasong

三十路の家人がつまらない東京脱出して『ソウル崇実大学校』に留学してしまったので、今年は何かと(忘れ物を届ける等)用事でソウルに行くことになろうか(憂鬱)。

それにしてもこの偏屈&神経質なオッサンである。グルメは軽蔑の対象、B級グルメはより嫌悪、明洞・仁寺洞的シャレオツエリアにも無用、ましてトンペンでも無いとなると(スヨンペンには入れて欲しいが)、あんな狭いソウルにしょっちゅう行ったトコですぐにやる事なくなるのも明白。

ソコで、困った時の“マニアック観光ツアー”にシフトして行こうと。
初韓国旅行でいきなり烏頭山統一展望台行って朝鮮を眺めたり(道に迷ったり)、今年はロンドンくんだりまで行っておきながら“Seven sisters”辺りで崖攻めたり、ヒトのしないエリアばっか攻めるなら、まだまだ狭いソウルも楽しめそうなトコいっぱいだね。チョット足を伸ばせば更に色々おもしろスポットもありそうだし。

で、華城市だ。

でんでん「熱帯魚」や、もはや“ものまね王座決定戦”の「チェンジリング」「ゾディアック」と並ぶ“Based on a true story映画”の大金字塔、大傑作「殺人の追憶〜サリネチュオク〜」の元ネタ、“華城連続殺人事件”を調べ始めた。

…ひでえなコリャ。映画どころじゃない。
俺が密かに“群馬栃木連続幼女誘拐殺人事件”に憑かれているように、かの国でもコレに憑かれている事件マニアは相当数いると思われる。犯人に辿り着いている人もそろそろいるのでは。

次回渡韓の際には是非現場を巡ってヒマをつぶしたい。あのドブや松林はまだあるのか、とかサ(単なる野次馬)。もちろん手を合わせて来よう。

良い“BOTS”モノは、映画を観て、ノンフィクションを合わせ読み、製作者が変えたトコをまた観なおしたり、現場やロケ地を巡るなど、一粒で何度でもオイシい楽しみ方ができて長持ちだが(じっさい“サリネチュオク”はもう10年前の作品である)、ズッコケ孤島もの「ビー・デビル」まで“True story”とか言われると、韓国人トナッテンタヨ、と。

春の済州島旅行では「四.三事件」の慰霊碑を探し、こないだの渡韓の際には、旬である旅客船沈没事故の慰霊広場でかわいそうな子どもたちに手を合わせて来たが、次はコレだな。
画像にある、現職担当刑事が書いたこの本以外になんかあるかなノンフィクション。
次はどうせ愚妻に「夏物持って来い」とか言われるのだろうから、事前学習にいそしんでおこう。

思いつき“Based on a true story”モノランキング(多分今だけ)

第5位「チェンジリング(クリント・イーストウッド監督 2008)
同点5位「ミュンヘン(スティーヴン・スピルバーグ監督 2005)

第4位「冷たい熱帯魚(園子温監督 2010)

第3位「セルピコ(シドニー・ルメット監督 1973)

第2位「ゾディアック(デイヴィッド・フィンチャー監督 2007)
同点2位「フレンチ・コネクション(ウィリアム・フリードキン監督 1971年)

第1位「殺人の追憶(ポン・ジュノ監督 2003)


ゼロ年代、恐ろしく名画多い予感。再検証必要。


◎磁

P.S. 実は楡稚里ツアーを先にしたいのだが。まだ野次馬(おめーだよ)やハラペンがいっぱいいるのだろうか。

聖地朦朧道中記 〜GATE2〜

jerus3

あぶなく広告入れられるトコだが。
瞬く間にひと月が過ぎて行く2013年。10月なんかあったっけ?状態で、結構本気で備忘録。

さて中年の価値観ガタガタ(足腰も)、石頭クラクラのエルサレム撮影紀行だが、初日はオリーブ山頂からの旧市街遠望でスタート。眼下の斜面はひたすらユダヤ人墓地。道路を挟んでイスラムの墓地。城壁の向こうに岩のドーム、そして聖墳墓教会が臨めるという文句のつけようが無いロケ。毎朝毎夕こんな景色を見ていれば、信仰心も厚くなろう。まさにラベンダー色に染まる旧市街にボンヤリである。

そのままボンヤリ撮影スケジュールを見れば、読むだけでお腹いっぱいのタイトスケジュール。早速ジモトの“車輛さん”、サメルの改造バスタクに乗り込んでキリスト教編撮影に出発。「Via Dolorosa〜悲しみの道〜(苦難の道とも)」にほど近いのは「ライオン門」である。

jerus5


おお、ライオンズゲートったら、あの偏った映画の冒頭でおなじみのアレじゃん。と、誰とも分かち合えない感動もそこそこに旧市街へIN。およそ軍人にも警察にも見えないアンちゃんがブラブラさせているM-16A4的なライフルに心底ビビリつつ。「はい、みなさ〜ん。これから行くのは〇〇さんのナントカで〜」式のガイドで覚悟を決める時間を与えられることもなくサクサクと進行していくテレビらしいロケである。

小汚い路地にワクワクしつつブラついているうちにほどなく一行はこぢんまりした教会の中庭へ。

ココがヴィア・ドロローサの出発点…いや、正確には隣の小学校がスタート地点なんだな。例のユダヤ総督ピラトの「Ecce Homo(この人を見よ)」で有名な裁判でイエスが有罪くらった場所(俺コレ、なんかの番組でこの場面の絵描いたばっかだったんだけど、何だったかな…?)。現在は(なんでだっけ?)入れず、第二ステーションである「エッケホモ教会」の中庭からスタートになったのだった。

コーディネータのおばちゃんが「そこがイエスの鞭打たれた場所です」と。朝イチでボンヤリしていたので、いきなり回路がつながらず、一回聞き返しちゃったよ。「あ、ココで?え〜と、ダレが?」である、まったく。特別にミサ後の教会内も見させてもらったのだが、もう、なんていうか「信じるものは救われる」でなく「救われたくて信じてる」人のディープな気がこってりと堆積した狭い空間で、朝飯抜いておいてよかったってカンジ。

jerus4


↑画像は、眺めていたら「5ドルで買え、買え」とうるさいオヤジの隙を突いて撮ったヴィア・ドロローサの絵地図ね。
「この調子で聖墳墓教会まで15ステーションか…」となんとなく足取りがイエスばりに(コラ)重〜くなった初日のはじまり。このキリスト教編、撮影は先だったが放送は一番遅いクリスマス前の時期になる様で、詳細はあとの回にまわそうかな。“「最後の晩餐」食ったトコ”や“捨てられてた十字架をセント・ヘレナが拾った貯水槽”などの「お前らいい加減にしとけよ」という名所巡りに加えて、撮影隊ならではの面倒臭いトラブルなど、たくさんあるのだが…

その行程の途中途中でもったいなく急ぎ足でくぐって来たゲートの話にしようか、次回は。
ニーズない?知らんよ。コッチが忘れないためだからご容赦。ゲートもいっぱいあってさ。

◎磁

聖地朦朧道中記 〜GATE1〜

jerusa1

ここでゆっくり始めようか、価値観崩壊意識朦朧のエルサレム紀行。

何を報告してもとかく居がちだが、またしても満を持していた外野が「うかれてる」だの「調子にのってる」だのと喧しいので、口頭にて感動を伝えるのは諦めた。語彙も乏しいしネ。かといってブログで伝わるかどうかもアヤシいが。

10月某日から「137億年の物語」聖地取材班にくっついてイスラエルに行って来た。これまで二十数年に渡り、ニュース解説用の装置や模型をこしらえて来たが、とにかく作ったし描いた、あのイスラエルね。
子供の頃から、「生きている間に絶対終わらない問題」として教わって来た中東問題。おなじみパレスチナ問題はもとより、中東の火薬庫におけるニュースでは、必ず抱き合わせで語られるイスラエル。その今も刻み続けている歴史の真ん中に参ってきたというワケで、ココでこれまで展開して来た海外紀行よりも興奮してるからご了承。

だいたい仁川トランジットでまんまテルアビブに入れるなんてのも知らなかったから、通の皆様(なのいんのか)には今更ジローな情報も多々あるかもしんないケド、重ねてご了承。

海外というと、香港は映画祭、クロアチアは人形劇フェス、マレーシアはワークショップ、バスクは展示会、NYとロンドンはテレビだから、結局純粋な観光旅行はほとんどない。しかしコレが、一般の観光客の皆様とビミョーにズレた体験ができて大変良い。“歩き方”に載ってる位のトコはもちろん押さえるけどオシゴトだと全然様相が変わるのも事実。今回もテレビにくっついて行ったので、一般の観光客ができない貴重体験をさせてもらってきた。

jerus2



左がかったオッサン連中にはおなじみの(誰でもだよ)、あのテルアビブ空港に降り立った事実あたりでもうめくるめき始め、最後成田に降りるまで続いた「俺、ドコにいるんだっけ?状態」をただ辿っていく紀行文になろう。
しかしながら特出しのネタを本編「137」より先にガンガン紹介するわけにも行かないので、そこらのO.A.と歩調を合わせた進め方を目論む次第。

工房開きからひと月があっという間に過ぎた事を、FC2ならではの“トップに広告ツッコミ作戦”で知るのも、もはやおなじみ。しばらくヤラれないように、コッチはこのネタで勝手に続けようと思う。

画像はオリーブ山の頂上にある今回のお宿「Seven Arches」に着くや、いきなり飛び込んで来た景色。
…コレもさんざん作ったな。岩があるんだよな、中に…

◎磁
カテゴリ
live earth
最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

◎磁

Author:◎磁
J.I.V.A.主宰。 
「不惑」を迎えるも、これまで総合演芸の名の下にあらゆる見世物に手を出し口を出し、何屋だかいよいよ分からなくなってきた「惑いっぱなし」のチンピラ中年。


icon3

旧HP「電磁場」とのリンク期間終了しました。
これまでの活動報告やイベントレポートなどはリニューアルしてこちらでボチボチと引き継いでいます。これからの活動や仕事の話、主宰者の私事などもガチャガチャと書き散らしつつ。



今後ともよろしくお願いいたします。

click here↓


shots-poster2

followicon

oni-pos


Firefox ブラウザ無料ダウンロード

フリー素材 -SpiderWorks-

Google検索バー
now Loading...
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。